入れ歯・義歯・部分入れ歯のことなら港区の大西歯科モノレールビルクリニック
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 肩こり

タグ : 肩こり

さらば肩こり・腰痛!

– 治療が終わってからの9年間、健康面でどのような変化がありましたか。

 

とゆき さん治療前に大西先生が僕の「全身健康調査表」に細かくデータを書いてくれています。当時の僕は、耳鳴り、首筋のコリ、肩こり、足の冷え、左足のひきつり、風邪をひきやすいなどの症状がありました。5ヶ月間の治療が終わり、全身をチェックしたところ、すべてが改善していました。その後は、年齢とともに耳は遠くなりましたが、それ以外は逆に元気になっています。9年前よりずっと体が楽です。

 

– 肩こりや腰痛が改善されたのは、主にどの治療の成果だとお考えですか。

 

噛み合わせ治療の成果だと実感しています。仮の義歯で噛み合わせを矯正していくうちに、肩こりや腰痛が軽くなり、5ヶ月経って治療が終わったら、肩こりも腰痛も消えていました。それから9年、どこもなんともないんです。僕の場合は、顎のずれが首の骨を圧迫して、その影響が肩と腰に出ていたのです。首の骨が正常の位置になったから、自然と肩も腰も治ったのだと思います。

噛みあわせ治療の思い出

■「この手ではラケットも握れない・・・なんとかしてあげたい」

開業後、患者さんが増えて忙しくなってきた頃、昔勤めていた病院に通われていた患者さんが、無償で受付を手伝ってくださることになりました。モデルをされている美しい女性でしたが、彼女には大きな悩みがありました。手のひらのアトピー性皮膚炎です。症状はひどく、いつも手のひらがひび割れて血が吹き出している状態。テニスが好きだと話していましたが、この手ではラケットも握れないのが見て取れて、なんとかしてあげたいと思っていました。

噛み合せと全身症状の関係を研究していた私は、もしかすると彼女の症状も噛み合せで改善することができるのではないかと考えました。そこで、3年間をかけて、彼女に噛み合せの治療を行いました。すると、治療がすすむごとに、徐々にアトピーの症状がおさまり、完了したころには、つるつるの手のひらになったのです。

ラケットも握れるようになったようで、その後、テニスを楽しんでいると笑顔で話してくれました。本当にうれしかったですね。

大西歯科の噛みあわせ体験レポートはこちら>>

PAGETOP